伝説の不良

俺は昔からワルだった・・・
中学時代は
皆が校舎裏でタバコを
ぷかぷか吹かせている中で
俺は1人だけチュッパチャップスを
舐めていたし、
それで皆がタバコを吸っているのが
バレて先生に連れて行かれている
中で1人だけ連れて行かれずに
無事に済んだという
伝説を所持している男だ。
他にも午後の紅茶を
午前中に飲んだり。
朝食朝のヨーグルトを
夜中に食べるほどの極悪人だ。
高校時代は
夜にランチパックを食べたり
昼間にモーニングショットの
缶コーヒーを飲んだりしていた。
俺って本当に悪人だ。
なんという極悪人。
俺はそんな沢山の悪事を
こなしてきた・・・。
そんな俺の次の目標は
新潟 デリヘルで遊ぶ事だ
俺の股間から発射する
朝食朝のヨーグルトを
デリヘル嬢の顔面目掛けて
発射したいと思う。
想像しただけでワルだわ・・・
俺、めっちゃワルだわ。
こんな痛々しい俺も
今年で35歳。
未だにフリーターの
情けない男だ。
だが、俺は俺の道を突っ走ろうと思う。
ゴーイングマイウェイ!
目指すぜ!ワル親父をな・・・

メダルは噛まない

最近はソチオリンピックが
開催されていて
僕も毎晩夜更かししながら
テレビを見ています。
若い19歳の子が金メダルを取ったりと
本当に最近の若い子は凄いですよね。
僕ももう少し若かったらなぁ・・・
きっと、オリンピックに参加出来たハズなのに・・・
とか、そんな事を考えてしまいますね。
まぁ、今更言っても仕方がないんですけども。
ああいったオリンピックに参加している人達は
本当に凄いですよね。
そして、あれなんですよ。
金メダルを取ったら、
その金メダルを噛まなくちゃいけないみたいな
風習があるんですよね。
そして、今回のソチオリンピックでも
銀メダルを取った人に
「メダルを噛んで!メダルを噛んで!!」とか
言ったらしいのですが、その選手は
「メダルを噛むということはメダルへの
侮辱行為になる」ということで断ったらしいですね。
まぁ、それが普通ですよね。
メダルは噛んではいけません。
でも、金メダルって良いよなぁ・・・
僕も【デリヘル情報サイト】で遊んで
夜の金メダルを貰いたいものです。
頑張って金メダルを貰うぞー!!

ストーカーに注意

女の子が京都 風俗 求人 高収入 アルバイト
働いていると、
必ずストーカー被害に
遭うと言われています。
僕達男性陣が京都 デリヘル 風俗で
遊んでいる裏で女の子は
ストーカー被害に遭っていると思うと
胸が痛くなりますね。
あるデリヘル嬢がストーカー被害に
遭った時の話が壮絶でした。
彼女はいつものようにデリヘルの
仕事が終わって、
家に送迎して貰って
帰ろうとしていたんですね。
その時にお客さんが後ろから
その送迎用の車を尾行していたらしく
それで彼女の自宅が
バレてしまったんです。
それからはピンポンダッシュとか
ポストを勝手に荒らされていたりと
ストーカー被害に悩まされ、
最後はチャイムが鳴ったから
チェーンキーをしたまま部屋を開けると
あのストーカー客が立っていてビックリ!
そして、ドアを閉めようとすると
そのストーカーはその隙間に足を挟んで
ひたすらニヤニヤしているんです。
彼女は本当に怖くて
泣きじゃくっていました。
でも、この事件がエスカレートして
殺人事件とかにならなくて
本当に良かったです。
こういった事件もあるから
デリヘルで働こうと思う女の子は
しっかりと自分を守ってくれそうな
お店を
探してくださいね。

貯金がなかなか出来ない

僕は昔から貯金がなかなか出来ません。
まぁ、理由としては給料出たら
デリヘル 姫路で遊んで、
そして、一回遊ぶと
また一回、もう一回と
何度もデリヘルで遊んでしまう習慣が
あるからでしょうなぁ・・・。
もう完璧にデリヘル依存症だと
自分でも思いますが
モテない人生を送ってきた僕にとって
お金を払うだけで姫路 風俗 高収入で働く
女性とあんなことやこんなことまで
出来ちゃうデリヘルというサービスは
魅力的過ぎてヨダレが止まりません。
そんなデリヘルで遊びまくっている僕。
そりゃ、貯金も貯まりませんよね
あぁ、これは仕方のない事だ・・・
そう自分に言い聞かせます。
だから、デリヘルで遊ぶ為に
食費を削ってでも
遊んでやろうと思うのです。
よく、食費をケチると心が貧しくなると
言いますが僕は心が貧しくなっても良い。
それでも、デリヘルで遊びたいんだ!!
あぁ・・・変なところだけ男らしい(笑)
だから、僕はデリヘルで遊ぶ為だけに
節約しません!!
無論、貯金もしませんよ!!

アソコの大きさ

男なら誰しも気になるのが
アソコの大きさですよね。
幾ら自分のアソコに自信があって
「見てくれよ、俺のエクスカリバー」とか
言っても友達からは
「さっさとしまえよ、そのダガーナイフ」
とか言われちゃうんですよね。
本当に男のアソコってもんは
切ないもんさ。
自分のアソコに自信が無いと、
どうしても銭湯とかも
行きたくなくなりますもんね。
やっぱり、男なら自分のアソコには
絶対的な自信を持っていたいものです。
もう男のアソコってのは
その人の精神的な大きさを
象徴しているといっても
過言ではないですからね。
要するにアソコが小さいという事は
心も小さい。
そういった事を中学時代の
修学旅行の浴場で言われてからは
本当にもうね。
未だにトラウマですよ。
そんなトラウマを背負ってから
大人になってしまった僕。
しかし、ある時このままではいけない
自分の殻を破らなくてはいけない。
そして、僕は勇気を振り絞って
風俗 大分で遊んだんです。
そして、女性の前で初めて
自分のアソコを曝け出した僕。
しかし、女性は僕の小さなアソコなど
気にせずに優しく包み込んでくれました。
初めてのフェラも最高の心地でしたね。
こういったアソコの大きさを
一切気にしない素敵なデリヘル嬢が居る
デリヘルって本当に素晴らしいね。
僕も最初はデリヘル嬢にも
笑われたらどうしようとか
思っていたけれど、
そんな事は全然無くてむしろ優しかった!
まるで女神のようでしたよ。
それ以来すっかりデリヘルの
虜になった僕。
今度はこの大分の風俗アルバイトで働いてみたいと思います。